teraterm – sshログインマクロ

はじめに

いつもログインするサーバはマクロにしてしまったほうが楽です。

マクロのサンプルなど見ると、なんだか面倒に見えますが、単に以下のようなコマンドを作成しているだけです。

一番単純なteratermマクロ

connect <接続先IPアドレス>:22 /ssh /2 /auth=password /user=<ログインユーザ> /passwd=<パスワード>

公開鍵認証のログインマクロテンプレート


マクロと鍵ファイルが同じフォルダに入っている前提ですが、テンプレート内のコメントを参考に必要に応じてマクロを書き換えてください。

;==============================================
HOSTADDR = '<踏み台サーバのホスト名orIP>';
USERNAME = '<ユーザー>';
KEY_FILE = '<プライベートキーファイル>'
;==============================================

;; 鍵ファイルのフルパス生成
; MACRO の現在のディレクトリを得る。
; 鍵ファイルが別のフォルダにあるときは「MACRO_DIR='c:\abc\def'」のように書き換える。
getdir MACRO_DIR

KEY_FILE_PATH=''
strconcat KEY_FILE_PATH MACRO_DIR
strconcat KEY_FILE_PATH '\'
strconcat KEY_FILE_PATH KEY_FILE
; 必要であれば、鍵ファイルのパスをメセージで確認
; messagebox KEY_FILE_PATH "鍵ファイル"

;; 接続コマンド生成
COMMAND = HOST
strconcat COMMAND ':'
strconcat COMMAND PORT
strconcat COMMAND ' /ssh /2 /auth=publickey /user='
strconcat COMMAND USERNAME
; 鍵ファイルの前後を " で囲む(パスにスペースが入っている場合の対策)
strconcat COMMAND ' /keyfile="'
strconcat COMMAND KEY_FILE_PATH
strconcat COMMAND '"'
;; 接続
connect COMMAND

end

踏み台経由のログインマクロテンプレート


踏み台サーバが鍵認証の場合は、上記のマクロを参考に接続方法を変えてください。

;=====================================================================
; 踏み台接続情報
HOSTADDR = '<踏み台サーバのホスト名orIP>';
USERNAME = '<ユーザ>';
PASSWORD = '<パスワード>';

; 目的サーバ接続情報
HOSTADDR2 = '<踏み台から見た接続先>';
USERNAME2 = '<ユーザ>';
PASSWORD2 = '<パスワード>';
;=====================================================================

; コマンドオプション組立て
COMMAND = HOSTADDR
strconcat COMMAND ':22 /ssh /2 /auth=password /user='
strconcat COMMAND USERNAME
strconcat COMMAND ' /passwd='
strconcat COMMAND PASSWORD

; 接続
connect COMMAND

; プロンプトを待つ
wait "$"

; 目的サーバへ接続
COMMAND = 'ssh '
strconcat COMMAND USERNAME2
strconcat COMMAND '@'
strconcat COMMAND HOSTADDR2
sendln COMMAND

; 目的のサーバがパスワード認証無しであれば、以下のコマンドをコメントアウト
wait 'password:'
sendln PASSWORD2

end

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です