アメリカ株投資のススメ~というよりアメリカ以外投資先が見つからない~

はじめに

 現在、私の投資はアメリカ株のみです。
 日本株にも投資していましたが、唯一保有していた個別株の創通は2019年にバンダイナムコに買収され上場廃止。
 他にTOPIX連動型ETFを保有していましたが、2020年に全て売却しました。両方とも保有期間は10年以上、ETFについては購入時点で2020年には全て売却すると決めていました。創通についてはテンバガーを狙っていたのですが、目標の半分程度で強制退出させられてしまいました。
 10年以上前から日本株のピークは2020年以降数年間がいいところで、2025年からは衰退期に入ると考えていました。
 理由の根拠は人口構成です。
 調べてみると、日本は1990年代から人口オーナス期に入っているそうです。では、なぜ2020年以降の数年間がピークと考えたのでしょうか。
 それは、働き盛り年代(40代)の人口比率です。一番お金を使う世代の人口がその国の「経済力=株価」を決めるという説があり、私はそれを受け入れました。

日本




長期の日経平均株価と働き盛り人口(40代)のグラフです。
いわゆる昭和バブルのピークと40代前半の人口が連動しています。
現在は40代後半の人口と連動して上昇しているように見えます。
この仮説の通りとすると、日経平均は昭和バブルにちょっと届かずに下落するというシナリオが考えられます。
次に全世代の人口グラフです。



着実に減り続けています。

中国

世界で最も人口が多い中国はどうでしょうか。

2017年と2035年にピークがあります。2030年頃から2035年にかけてが中国のピークかもしれません。
全世代のグラフです。



中国も高齢化社会になります。

インド

将来は人口が中国を抜くインド。

ピークは2053年です。発展はこれからでしょうか。



今は綺麗な人口構成ですが、将来は高齢化・・・。

アメリカ

アメリカです。

今後20年近く働き盛りの人口が増えます。その後は高止まり。




綺麗ではないですが、他の国に比べるとましです。
人口が増え続けるのもポイント高いです。

まとめ

以上みてきた通りで、アメリカ以外は今後高齢化社会になり人口が減ります。
グラフはここに載せていませんが、アフリカは人口構成が綺麗です。しかし投資できないし、できたとしてもリスクが高く(信用度低)投資対象になりません。
数十年後、環境が整ってから投資を検討でも遅くないと思います。
同じく、グラフを乗せていませんが、ヨーロッパはすでに高齢化社会に突入しています。
ただ、世界人口は2100年になっても増加を続けるので投資対象には困らないかもしれません。

興味がありましたら私が作った以下のツールでグラフが確認できるので、良かったら見てください。
面白い国がありましたら教えていただけると嬉しいです。
https://www.fukakuutsukushikiasia.com/population-graph/age
https://www.fukakuutsukushikiasia.com/population-graph/year